高校生年から美貌隊員時代に至るまでのメイク生涯とメイクをするときに大事主旨

初めて自分で化粧をしたのは、およそ高校生3年生になってから。
それまではさほど興味がなかったし、自分のような派手ではない性分が吊り上げるものではないとしていた。但し、高校生3年生になると、アイプチを通じて双方を出し動き出したり、少しずつ近隣も化粧をし始めた。それと共々、大学受験をしないで専用学園への進学を決めていたわたしは何か初々しいことに出会いたい。新しい自分に出会いたいという意思が強くなっていた。なので、手っ取り早く私を見た目で変えられるであろう、化粧を通して見ることにした。
これが、化粧を始めた契機だった。
最初の化粧は低い薬屋コスメティックからスタート、ブラウン繋がりシャドウによるアイメイクから始めた。
但し、当時のムービーを見るとやけに恥ずかしくて見てられないような質の低い化粧だった。
そしたら、何かを手本にするわけではなく、毎日何時間も鏡に向き合い、どうしたら眼がものすごく感じるか?どうしたらぐっと丸く素晴らしい眼になるか?自分の目に化粧を施しては消し、化粧を施してはよりとことん言えるように変え、多事多難を繰り返した。自分がアイラインのイメージひとつで目に見えて変わっていくのがおもしろかった。
直後栄養士の専用学園に進学し、栄養士という学業前文、化粧をできない太陽も多かったが、鏡のフロントでの多事多難は続いていた。
卒業後は、美にも携われる栄養士として大手コスメティッククレアトゥールに小売り員として実績した。いわゆる美団員です。
そのコスメティッククレアトゥールで美業界の人間となったが、発色の酷いそのクレアトゥールのアイシャドウをきれいに発色させたり、人々の危険に合わせた素振りを通してコスメティックを買ってもらったりして、プロの業界もつながるのだから、今まで手探りしながら鏡に向き合っていてよかったと感じた。
化粧をするときは、ジャンルを真似するのではなく、自分がなりたい思い込みに私を近付けることが大事。サプリ