鼻筋が通ったような感じになって

僕は過日、資生堂のアイブローってノーズシャドウが一つになったパレットによっていたのですが、それが廃盤になって、多少ノーズシャドウを使わなかったのです。

アイシャドウに力を入れて、各種色のアイシャドウを集めて、その時のムードで、使い分けていましたが、何だか物足りないな、としていたんでした。

なので、アットコスメで検索して、人気のノーズシャドウを見つけ出しました。1そばになっていたのがケイトのアイブロー&ノーズシャドウでしたので、さっそくドラッグショップをめぐって買うことにしました。お金は1200円なので買い易いので、いやに良いなと思いました。1実態目線のドラッグショップにはケイトの代物が置いてなくて、他のクリエイターのものがありましたが、知らないブランドで鋭くわかりませんでした。

案の定ケイトのものが欲しいとして、別のドラッグショップに行くことにしました。そしたら、そこに残余1個で売っていて、それを買うことにしました。色はブラウンという電灯ブラウンがありましたが、僕はヘアーが黒いので、ブラウンにしました。
風貌にファンデーションをつけて、お粉をつけて、アイシャドウを塗り付けた後に、ノーズシャドウを混ぜると、鼻筋が通ったような感じになって、風貌に立体空気が出るのです。弁護士に相談するならココ

ノーズシャドウを来れるようになると、いつも入れていないとどうにも風貌が水平になったような感じがして、物足りなさを感じてしまう。眉毛の下から目じりの方にノーズシャドウを加えるという通常感じで彫りがきつくて鼻筋が通ったような顔立ちになるのでいやに愛する。今ではノーズシャドウ無しのお化粧は考えられません。邦人には心から便利なアタッチメントだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です