自宅で過ごしている

今年は下の乳幼児が産まれたので乳幼児が両者になりました。上の乳幼児の赤ん坊返りも憂慮しましたが、前もってちょっぴりありました。

基本的には弟の事を過剰に可愛がる暖かいお兄ちゃんなんですが、少々思いの腹黒い時や構ってほしい気分の時は弟をあやしてある奥さんですぼくを独占したくなるようです。

4年代階級が離れてあり、今まで一人っ子で育った事もあり泣くやいなや誰かが駆け付けていただける状況で無くなってある事をまったく十分に咀嚼出来ていないみたいです。

次男が産まれて半年が経ちます。少し鬱積が貯まって来たようで徐々に赤ん坊返りをするようになってきました。「バブー」と言ってみたり、「マミーじゃないと不満!抱っこ!」を頻回にいう様になりました。そんなこどもをちょこっと可哀そうに感じながらも愛おしく思っています。

我々も産後半年たち、些か見かけは戻ってきました。ただし、業種を完全に辞めてしまい、総じて自宅で過ごしているので最初に様に直ぐには体重が減りません。なので産後の痩身も兼ねて長男と共に公園で遊ぶ時を設けました。

長男にとっては奥さんを独り占め行える時間になるし体躯を思う存分取り回す事ができます。ぼくにとっては産後のスポーツ片手落ちを解消する機会になります。幼稚園から帰宅しミールを食べてから下の乳幼児は旦那に預けてぼくは長男といった二人で公園に行きます。

今まで断じて一緒に遊ぶ事はなかったのですが、一緒に遊んでみると乳幼児のスタミナの長続き力量には驚かされます。又、依然として4年代ですのでアクティビティが理想ではありません。すごいキックあげるね?と言ってできるボールのキックはボールを蹴り損ねてひっくり返ります。

力を入れれば取り入れる程度失敗する乳幼児の様子に笑わずには居られません。一緒に遊んでぼくは体躯を引き締め、こどもは奥さんと共におれるのが楽しいみたいできちんと我欲も言わなくなりました。スピロノラクトン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です